鳥取県作業療法学会

第17回 鳥取県作業療法学会(Web形式) 

テ ー マ :「 社会との繋がりをつくるため、作業療法士にできること 」

会  期:2021年10月2日(土)10:00~16:40 COVID-19の状況を鑑みZoomを使用したWeb学会とします。

情報を随時更新していこうと思います。

第17回鳥取県作業療法学会 特設ページ(外部)


学会長挨拶

 学会長 北山朋宏(錦海リハビリテーション病院)

 昨年度開催予定であった第17回鳥取県作業療法学会は、世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で延期せざるを得ませんでした。そして今年度は現在の感染状況を考慮して、初の試みとなるWeb開催にすることとしました。実行委員のメンバーは皆、このことを前向きに捉え、Web開催ならではの良い学会にするために活動を続けてきました。

 学会テーマを考える中で、私が日々の業務の中で最も気になっていることは、「患者は地域社会において社会参加が出来ているのだろうか」という点です。
不謹慎かと思われるかもしれませんが、新型コロナウイルスを例えに出させていただきます。3密をさけるための緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、営業自粛やイベント中止により社会活動が止まり、コロナ自粛を強いられている方々は多くおられます。働く能力・遊ぶパワーはあるのに、それらを発揮できる場がないために様々な弊害が出ています。我々が普段関わっている患者は似たような状況にあるのではないでしょうか?
入院中にリハビリによって獲得した能力も、退院後にそれを発揮する場がなくては、無為に過ごすこととなり、心身機能や能力は低下してしまいます。また退院後、通所リハや訪問リハといったサービスに繋げることはよくありますが、その目的が不明確な「リハビリ」となってしまうと、社会参加の為の関わりは難しくなってしまうと思われます。

 そこで学会テーマを「社会との繋がりをつくるため、作業療法士にできること」とし、急性期・回復期・生活期それぞれのセラピストに社会参加について考えてもらい、地域連携が強固なものになればと考えました。特別講演1では、文京学院大学の西方浩一先生に「共生社会実現のために作業療法士に期待すること」についてご講演頂き、それぞれの立場において作業療法士としてあるべき姿について考えられたらと思います。特別講演2では、こども相談支援センターゆいまわるの仲間知穂先生に「子どもと社会のつながりを作るためのOT の役割-学校作業療法-」についてご講演頂きます。また仲間先生はADOC-Sの開発にも携わっており、滅多に聞くことのできない興味深い話を聴くことができると思います。

 今回は初の試みとなり、十分でない事も多々あるかもしれませんが、精一杯頑張って作り上げた学会となります。実り多い学会となるために、多くの会員が参加して頂けることを心よりお待ちしております。


演題応募に関して

今年はWebでの開催のため、発表形式は口述発表のみです。発表演題の応募は「①演題タイトルの登録(Google form) → ②抄録の登録(メール添付)」という流れで行います。詳細は下の演題募集要項をダウンロードしていただき各自ご確認下さい。また、それぞれの受付期間は以下のようになっておりますので締切りに間に合うようにご準備宜しくお願いします。沢山のエントリーをお待ちしております.

ダウンロード書類 ●演題募集要綱 ●演題抄録原本(word)

【演題タイトル受付期間】2021年4月25日(日)0:00 ~ 2021年5月23日(日)23:00まで 沢山のご応募ありがとうございました。

【抄録原稿受付期間】2021年4月25日(日)0:00 ~ 2021年6月25日(金)17:00まで ※詳細は上記の演題募集要項をご確認下さい


#学会誌で繋がろう

本学会では「繋がり」をテーマに、キーワードに沿った様々な写真・イラストなどの作品を募集したいと思います。会員の皆様から集まった作品をモザイク画にして,それを学会誌の表紙にしたいと思っております。皆様からの応募お待ちしております!

募集期限:2021年7月末 皆さまご協力宜しくお願いします。

送付先:学会誌担当(村瀬)まで ybc.rehabili.ot●gmail.com(●→@)

過去の学会